スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAND UP CAFE 目標1 - とてつもない貧困と飢えをなくそうを実施

貧困をなくすために“立ち上がる”世界同時開催アクション「STAND UP TAKE ACTION」の一環として、ミレニアム開発目標(MDGs)や世界の貧困の現状、そして問題解決に取り組むNGOの取り組みを紹介するトークイベント「STAND UP CAFE(スタンド・アップ カフェ)」。

7月21日(水)に行われた第2回目のテーマは、MDGs目標1「とてつもない貧困と飢えをなくそう」です。講師は(特活)ハンガー・フリー・ワールドの西岡はるなさん。会場の株式会社ジャパングレイスに20名ほどの参加者を迎え、和気あいあいとした雰囲気の中でMDGsクイズをしながらの自己紹介に続いて、西岡さんのお話を伺いました。

MDGsが合意されてから10年ほどが経ちました。しかし、いまだに世界の6人に1人、10億2000万人もの人が飢餓に苦しんでいます。「目標1で取り上げられている飢餓や栄養不良は、他の全てのゴールにかかわる非常に重要な問題です」、と西岡さんは言います。例えば、5歳未満児死亡率。死亡原因でもっとも多いのは「出産時の異常」ですが、これはお母さんの栄養状態が悪いため子どもに栄養が行き届かない、あるいは安全な出産ができないためだそうです。

ところで「飢餓」と聞いても、日本に暮らす私たちには遠くの世界で起こっているできごとのように感じられます。しかし、「世界の飢餓は私たちの生活と非常に密接な関係がある」と西岡さん。

飢餓人口の増加には、世界人口の増加、紛争、先進国が原因となっている気候変動など、様々な要因が関係していますが、中でも最近では、2008年に食料価格が高騰したことも大きく影響しています。食料価格の高騰によって、食料を購入できない途上国の飢餓が深刻化したのです。穀物を原料とするバイオ燃料への需要の増加や、投機マネーが石油市場から穀物市場に流入したことが、価格高騰の主な要因でした。その後、国際市場の穀物価格は下がりましたが、途上国での穀物価格は下がらない状況が続いています。

また、世界には全人口を養うのに十分な量の食料があるといわれていながら、飢餓がなくならない現状もあります。世界の食料援助量は約600万トン。それに対して、日本は世界中から食料約5800万トンを輸入している一方で、約1900万トンを廃棄しています。世界経済の構造的な要因と各国の経済力の違いが、食料の偏在を生んでいるのです。「飢餓を終わらせるためには途上国の住民が立ち上がるだけではなく、先進国に住む私たちの行動を変えたり、解決のために何か行動を起こすことが重要」という西岡さんのコメントが、心にずしりと重く響きます。

さて、飢餓のない世界をめざして活動するハンガー・フリー・ワールドですが、活動地の一つであるバングラデシュではどのように飢餓問題に取り組んでいるのでしょうか。

ハンガー・フリー・ワールドでは、有機農業を柱に、教育やジェンダーなどの包括的な事業を進めています。バングラデシュでは国民の85%が農業に従事していますが、「緑の革命」によって農業に農薬代や苗代などを購入する現金が必要となったために、小規模の農民が農業で十分に食べられなくなってしまいました。この状況を変えるために、地域にある薬草や牛糞などを活用して、経済的に負担が少ない農業を行えるよう支援しています。有機農業を始めたことで、農薬代などをかけずに農業を行えるようになり、1日1食しか食べられないような家庭の子どもが学校に通えるようになった事例もあるそうです。

参加者からは、なぜ大規模な農業開発を行わないのか、と質問があがりました。これに対して、人口密度が高いことやお金がかかることから、バングラデシュで大規模農業を行うことは現実的ではない、自立的で持続可能な農業を行うべき、と西岡さん。また、ハンガー・フリー・ワールドでは、このような支援に加えて、バングラデシュ政府に飢餓対策を行うよう政策提言をしていることも紹介してくれました。

一般的には「大規模な開発が飢餓をなくす効果が高い」と単純に考えてしまいがちです。しかし、小規模でも飢餓のない状態が持続できる方法で事業を行うとともに政策提言により国レベルの取り組みも求めていくことが、MDGsの達成を近づけるのだと考えさせられました。(2010.9.1)

STAND UP CAFE - 「MDGs - 貧困問題解決に取り組む世界の約束」を実施

貧困をなくすために“立ち上がる”世界同時開催アクション「STAND UP TAKE ACTION」の一環として、ミレニアム開発目標(MDGs)や世界の貧困の現状、そして問題解決に取り組むNGOの取り組みを紹介するトークイベント「STAND UP CAFE(スタンド・アップ カフェ)」が、東京・高田馬場で「開店」しました。

7月6日(火)に行われた第一回のテーマは、「MDGs - 貧困問題解決に取り組む世界の約束」。特定非営利活動法人オックスファム・ジャパンの山田太雲氏をお招きし、お話をお伺いしました。

山田さんは、MDGsは大きく2つの特徴を持つといいます。「まずは、具体的な8つの達成目標と期限を定めていること。例えば目標1に示されている『1990年と比較して2015年までに世界の貧困人口を半減する』のように、2015年までに達成すべき指標がすべての目標ではっきりと示されています」「次に特徴的なのは、目標の定め方です。過去の目標の多くが『学校を500校建設する』のように何をやるかを重視していたのに対して、『すべての子どもが小学校に通えるようになる』のように、MDGsは成果を重視しています」。

MDGs策定から10年が経過。これまでにどのような成果が出ているのでしょうか。「MDGsは途上国の目標でも、先進国の目標でもなく、189ヵ国によって合意された世界の目標です。そのため、達成のためには途上国と先進国が協力しあうことが欠かせません。途上国には貧困を終わらせるための政策を作ったり具体的な事業やサービスの提供を行うことが、先進国には途上国の取り組みを後押しする資金的な支援やしくみづくりが求められています。さまざまな目標を1つに集約し、途上国と先進国がお互いに果たすべき役割を定めたことで、同じ土俵で議論できるようになったことは、MDGs策定の1つの成果です」と山田さん。また、「教育」「HIV/エイズ」「水」「衛生」など、分野ごとに定められていた目標を統合したことで、相互に関係する課題解決に包括的に取り組めるようになったこともMDGs策定による成果として挙げられるそうです。

しかし、「MDGsは貧困解決の万能薬ではなく、課題もある」のだとか。例えば、MDGsは目標であって、法的拘束力を持ちません。そのためか、期限である2015年までの達成が危ぶまれている現状があるそうです。また、成人の識字率向上や障がい者をとりまく課題など、世界にはMDGsに含まれていない課題も数多くあります。そして、達成されたとしても「貧困を半減」することにしかならず、貧困がなくなる訳ではないことなどを説明してくれました。「そうは言っても、貧困の半減は最低限達成しなければならない目標。完璧な解決策ではないことを言い訳にして、達成を軽視することが許される訳ではありません」。

何が期限までの達成を阻んでいて、私たちには何ができるのでしょうか。まず、私たちが住む日本には、先進国の一員として達成のために政府開発援助(ODA)などによって途上国の取り組みを支援することが求められています。しかし、財団法人国際開発センターが発表した国際開発貢献指標によると、日本は世界第2位の経済大国であるにもかかわらず、先進国22ヵ国の中で貧困解決に果たす貢献度は下から2番目の21位。求められる役割を十分に果たしているとはいえない現状があります。

このような背景にはMDGsの認知度が低く、国を挙げて取り組むべきと考えられていないことも関係しているそうです。財団法人国際協力推進協会が実施した「国際協力/ODAに関する調査報告書」によると、日本国民のMDGs認知度はわずか3.7%。達成への取り組みが強化されるためには、まずは多くの人たちにMDGsを知ってもらい、日本としての責任を果たすよう政府に働きかけることが必要なのではないでしょうか。

「寄付をしたり、自分にできる小さなことをコツコツと行うことも大切。しかし、これらに加えて政策を変える行動を起こすことが、貧困を終わらせるためには必要です」と、山田さんは熱っぽく語ります。例えば、ケニアではMDGsが大統領選挙の焦点の1つになった結果、選出後に小学校が無料化されて多くの子どもたちが学校に通えるようになったのだとか。「NGOや国際機関による『支援』だけでは限界があります。政策や社会のしくみを変えられたときに、貧困のない世界の実現が近づくのです」。

9月20日からニューヨークで行われ、2015年までのMDGs達成に向けた取り組みを議論するMDGsレビュー・サミット。ケニアでの事例のように、日本でもMDGsにもっと焦点が当たるよう働きかけを強める必要がありそうです。「政治家を動かすためには、多くの声が集まり、世論となることが必要です。NGOは途上国や日本の市民の声を集めて、政治家に届けることはできます。しかし、世論をつくることができるのは、私たち一人ひとりです。MDGsを達成して欲しい、貧困のない世界を実現して欲しいという声を上げてください」。そう締めくくるとともに、具体的な行動の機会として9月17~19日に行われる世界同時アクションSTAND UP TAKE ACTIONを紹介しました。

質疑応答では、「行動によってどのような変化が生まれたのか、もっと詳しく事例を知りたい」など、私たちの自身の行動に関する質問が集中。また、STAND UP TAKE ACTIONにちなんで、「私のテイク・アクション」を記してもらったアクション・シートにはたくさんの前向きな行動が並びました。

今後もSTAND UP CAFEでは、MDGsの各目標達成のための現場での取り組みを加盟するNGOから紹介してもらいながら、MDGs達成に必要な行動を考えたいと思います。

STAND UP TAKE ACTION関連企画 STAND UP CAFE MDGs - 貧困問題解決に取り組む世界の約束

世界の貧困問題解決に取り組むNGOネットワーク「動く→動かす」では、ミレニアム開発目標(MDGs)の現状と課題、貧困問題の解決を目指すNGOの取り組みをご紹介するトークイベント「STAND UP CAFE」を、9回シリーズで開催します。「MDGsという言葉は聞いたことがある。でも、もっと知りたい」「世界の貧困をなくしたい」など、日頃考えたり疑問に思っていることなどを、お茶とお菓子を囲んでざっくばらんに話してみよう!というイベントです。

第1回のテーマは「MDGs - 貧困問題解決に取り組む世界の約束」。目標達成期限まで残り5年となったMDGsは、どのような役割を果たし、課題を抱えているのかを経験豊富なNGO職員がお話します。なお、トークセッションに続けて、スピーカーを交えての座談会を行います。同じ関心を持つ参加者同士の対話も、ぜひお楽しみください。

◆日時 7月6日(火) 19:30~21:00(19:15開場)
◆会場 株式会社ジャパングレイス本社営業所内 (JR・西武新宿線高田馬場戸山口徒歩2分、地下鉄東西線高田馬場駅3番出口徒歩5分  )
◆定員 40人
◆参加費 200円(茶菓子代)
◆持ち物 マイカップをご持参ください。
◆お申し込み方法 【インターネット】
以下のフォームに必要事項を記入してお申し込みください。
http://tinyurl.com/sutacafe1

【E-MAIL】
タイトルに「7/6 STNAD UP CAFE申し込み」、本文にお名前、ご所属(あれば)、Eメールアドレスを明記の上でoffice@ugokuugokasu.jp(担当:笠原・日下)までお申し込みください。
◆お申し込み〆切 前日の21:00 *〆切りました。多数のお申し込みありがとうございました。
◆スピーカー略歴 山田太雲 氏 (特活)オックスファム・ジャパン アドボカシー・マネージャー

2000年英国立セント・アンドリュース大学卒業(国際関係学修士)。2002年より現職。国際開発・人道支援団体オックスファム・インターナショナルの日本法人を代表し、発展途上国の貧困問題にまつわる様々な政策課題について、日本政府への政策提言やメディアへの情報発信などを担当。専門分野は保健医療、教育、援助と債務、および国際貿易。「動く→動かす」では、運営委員および政策チーム・ディレクターを務める。

冨田沓子 氏 (特活)ハンガー・フリー・ワールド 開発事業部ベナン・ブルキナファソ担当/アドボカシー担当

米国・タフツ大学で国際関係学を専攻し、00年に卒業。大学在学中、NGO でのボランティア経験をきっかけに、卒業後、インドに渡りデリーに本部を置く国際NGOグローバルマーチで、児童労働反対キャンペーンに取り組む。 04年に西アフリカ・トーゴに渡り、現地NGOのWAO-Afriqueで家事児童労働のプロジェクトの責任者を務める。05年4月から(特活)ハンガー・フリー・ワールド開発事業部ベナン・ブルキナファソ担当職員として活躍している。「動く→動かす」では、パブリックモビリゼーションチーム・リーダーを務める。
◆主催 動く→動かす


◆お問い合わせ
「動く→動かす」事務局(担当:笠原・日下)
〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル2階
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 内
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903
Email:office@ugokuugokasu.jp


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。