スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「石巻国際まつり」の報告映像を公開しました



2011年10月1日から17日に、貧困解決キャンペーンSTAND UP TAKE ACTION(スタンド・アップ)が行われました。「立ち上がる」(STAND UP)ことで貧困解決への意思を示すこのキャンペーンには、47都道府県から3万1389人が参加しました。

スタンド・アップに合わせて、途上国で災害や貧困の中から立ち上がり地域の復興の先頭に立ってきた3人のリーダーたちが来日しました。来日したのは、インド洋大津波(2004年)に襲わ­れたスリランカで村の復興・再建に尽力した地域の女性リーダー、バサンタカラさんと、南アフリカ共和国でHIV陽性者の自助グループを結成し、訪問看護やコミュニティづ­くりを手がけて地域の「ママ」として活躍する女性リーダー、ローズ・タマエ(ママ・ローズ)さんらです。

この来日に合わせて東日本大震災の被災地である石巻市(宮城県)で開催された「石巻国際まつり」では、復興にむけた経験を交流し、被災した方­々との絆を深めるための様々なイベントが行われました。また石巻市訪問の後には、東京での記者会見や議員勉強会、市民集会などに出席し、国連大学で行われたスタンド・アップの­メイン・イベントにも加わりました。

「動く→動かす」は、この企画が、世界に開かれた震災復興や、日本と海外で災害復興や貧困解消に取り組む人たちの国際的な絆を強めるきっかけになればと考えています。来日ゲストの足跡を追った映像をご覧ください。

【職員】キャンペーン担当職員募集

「動く→動かす」は、国際協力NGO64団体が加盟する、ミレニアム開発目標の達成・世界の貧困削減に向けたキャンペーンや政策提言を行うためのネットワークです。このたび、当団体は、広報・キャンペーン・営業担当の職員を募集いたします。世界の貧困の解消に向けたキャンペーン等に情熱を持って取り組める方を募集しております。

◆業務内容
(1)キャンペーン:「スタンド・アップテイク・アクション」(参考:http://www.standup2015.jp)など貧困解消・MDGs達成等に関わる市民参加型のキャンペーンの形成・運営の取りまとめ、関連するイベントへの出展や講座等の運営
(2)関係団体連携:キャンペーンに関連する機関(国際機関、公益法人、企業、NGO等)との関係の維持・構築
(3)広報:ウェブサイトの構築・メンテナンス、メールマガジンの発行、広報媒体(チラシ、パンフレット等)の作成統括(実際の作成は委託、ボランティア等が行うことも可)
(4)データ分析等:キャンペーンに関わる諸データの分析・統計

◆必要な資格・経験
(1)途上国での貧困・飢餓・保健・教育・ジェンダー・環境問題などの解決に向けてキャンペーンや政策提言を行う意義を理解し、情熱をもって業務に携わることができること。
(2)事務局や加盟団体等と協調しながら業務を進められるとともに、事務作業を厭わないこと。
(3)NGO・NPO(国内外・分野問わず)での勤務経験、もしくは中小企業での営業・広報等での勤務経験があることが望ましい。
(4) 以下のいずれかの経験・能力があることが望ましい。
 NGO・NPOもしくは企業にて、チームを率いて事業・イベントを実施した経験。
 企業にて、パソコンを用いたデータ分析を行い、戦略形成などに生かした経験。
(5)ウェブサイトおよびブログの作成・メンテナンスの経験・能力があること、もしくは、これらについて業者・ボランティア等に適切な指示を行うことができることが望ましい。

◆待遇
業務委託契約に基づき、月給20万円、交通費、経費支給。
雇用期間:2012年2月~2013年3月(始業日は調整の上決定、1ヶ月は試用期間)
業務時間:平日一日8時間にて業務に従事。コアタイム正午~午後4時。午前10時~午後6時が標準的な勤務時間。イベント等が入るため、場合によって土・日の勤務がありうる(振替代休可能)

◆応募方法
(1)「動く→動かす」事務局 office@ugokuugokasu.jp に、以下の「応募票」をご送信ください。
(2)折り返し、応募用紙(履歴書)書式をお送りいたします。所定の事項をご記入の上、上記メールアドレスにご送信ください。
(3)応募用紙による書類審査の上、面接を行い、採否を決定します。

============
応募票 office@ugokuugokasu.jp まで
============
◎お名前
◎現在のご所属
◎ご連絡先電子メール
◎ご連絡先住所
◎ご連絡先電話
◎何をご覧になって応募されましたか?
◎志望動機(一言で)
============

◆応募期間
2011年12月19日~2012年1月31日 ※適任者が見つかり次第〆切

◆お問い合わせ
「動く→動かす」事務局(担当:稲場)
〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル2階
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 気付
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903
Email:office@ugokuugokasu.jp

【緊急シンポジウム】 激動する世界とグローバル課題:気候変動、世界の貧困解消そして金融取引税 市民社会と巨大財団の連携はグローバル課題解決の力となるか? ~ゲイツ財団・ソロス財団主催の市民社会国際会議 参加者からの報告~

世界は今、大きな変化の時期に差し掛かっています。2008年のリーマン・ショック以降の経済危機で、欧米諸国は軒並み弱体化し、一方、中国・インド・ブラジルなどの新興国が伸びてきています。この変化は、経済だけでなく政治にも波及しつつあります。この宙吊りの状況で今後、大きな逆境にさらされかねないのが、途上国の開発と貧困の解消、気候変動やその他の環境問題など、グローバルな課題です。

世界の貧困をなくし、気候変動を解決するためには、現在の政府開発援助(ODA)や気候対策資金では足りません。しかし、欧米の経済的退潮によって、これらの資金額を現状維持することが難しくなっており、近い将来、大幅に減少する可能性もあります。世界が欧米を中心とするG8から、新興国も参加したG20にシフトする中で、これらグローバル課題を解決するための地球規模の「責任」はどうなっていくのでしょうか。

ゲイツ財団やジョージ・ソロスの設立したオープン・ソサエティ財団は、「市民社会」を、問題解決に不可欠なアクターとして見出しています。本年9月、ゲイツ財団はインドのデリーにて「G20時代の地球規模アドボカシー再構築」(Reframing Global Advocacy in a G20 World)と題し、市民社会のアクティビストたちを招へいして国際的な戦略会議を行いました。オープン・ソサエティ財団は、グローバル課題の解決の代替資金源として金融取引税に着目し、「国際保健への資金確保:金融取引税のためのアドボカシー」と題し、市民社会対象の国際セミナーを開催しました。二つの巨大財団は、変動期の世界においてグローバル課題に取り組む方法として、市民社会との連携を真剣に検討しています。

激動する世界。そこにおいて国際的な市民社会はどうあるべきか。グローバル課題の解決に向けて、民間財団と市民社会の連携の可能性と課題、また限界はどこにあるのか。上記二つの会議に日本から出席したアクティヴィストが報告・討議します。

◆日時 2011年12月17日(土) 13:30~15:30(延長あり)
◆会場 早稲田奉仕園 日本キリスト教会館6階1号室
東京都新宿区西早稲田2-3-1
(東京メトロ東西線早稲田駅2番出口・3b出口から徒歩5分)
◆参加費 500円(資料代)
◆定員 40人(先着順)
◆お申し込み方法 以下のフォームにアクセスし、必要事項をご記入ください。
http://ow.ly/7G6xt
◆発題者 ・大崎麻子さん(ジェンダー・アクション・プラットフォーム)
ゲイツ財団「G20時代の地球規模アドボカシー再構築」会議出席者

・上村雄彦さん(横浜市立大学准教授)
オープン・ソサエティ財団「国際保健への資金確保」会議出席者

・稲場雅紀さん(「動く→動かす」事務局長)
オープン・ソサエティ財団「国際保健への資金確保」会議出席者

◆共催 動く→動かす
オルタモンド
国際連帯税を推進する市民の会(ACIST)
国際連帯税フォーラム
ジェンダー・アクション・プラットフォーム

◆お問い合わせ
「動く→動かす」事務局(担当:稲場)
〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル2階
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 気付 TEL:03-3834-6902
Email:office@ugokuugokasu.jp


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。