スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各党の国際協力に関する政権公約は?「動く→動かす」とJANICが調査

2012.12.10


NGOのネットワーク組織「動く→動かす」と、国際協力NGOのネットワーク組織「国際協力NGOセンター(JANIC)」は、第46回衆議院議員総選挙に向けて各政党が発表した政権公約(マニフェスト)のうち、国際協力分野とODAに関わる項目について調査し、プレスリリースを発表しました。

各政党の公約を比較していく中で、しっかりした政策を持っている政党から、ほとんど記述がない政党まで、各党の国際協力分野への姿勢は様々であるということがわかりました。そこから、国政においても、国際協力分野がまだ重要視されているとは必ずしもいえないという厳しい現状が浮き彫りになってきます。

しかし、国際協力分野は外交安全保障の大きな柱であり、今後日本政府として果たす役割はさらに重要視されていくと考えられます。この結果を踏まえ、各政党がさらに国際協力・ODA分野に重点を置いて政策を展開していくことを期待したいと思います。

調査の詳細は以下のプレスリリースをご覧ください。

プレスリリースはこちら >>> http://www.ugokuugokasu.jp/pdf/press_121210.pdf

第1回「聞いて、話して、考える―ポストMDGsナイト・カフェ」を開催しました!

2012.12.05


11月30日(金)の夜、(動く→動かす特別企画)『聞いて、話して、考える―ポストMDGsナイト・カフェ』の第1回を実施いたしました。
今回は、国際NGO ADEOの日本支部であるアデオジャパンの創設者で、現在、政府系金融機関にエコノミストととして勤務されている天野 憲哉氏をリソースパーソンとしてお招きしました。



天野氏から、日本及び世界の経済動向について、日本など各国の人口動態の変化 と経済成長の問題をはじめとした今後の見通しを見ながら、アフリカが世界の経済成長のけん引役としての役割を期待されるであろうことや、その文脈で先進国・途上国の双方が共に問われている「成長の質」について開発課題に言及していただきながら、非常に分かりやすくご説明していただきました。ポストMDGsを考えるうえで、日本のCSOsが必ずしも得意としないテーマについて理解を深められことは、大変意義のあることでした。

今回は前回の第0次企画を超える18名の方々に参加していただき、意見交換もとても活発なものとなりました。今後も様々なテーマを取り上げて行なって参りますので、是非皆様もご参加ください。

【アドボカシー・ニュース短信Vol 7】第3回ポストMDGsに関する外務省・NGO意見交換会に参加しました!

2012.12.04


==========================
アドボカシー・ニュース短信 vol.7
==========================


11月14日(水)、「動く→動かす」も世話人を務める「ポストMDGsに関する外務省・NGO意見交換会」第3回会合が開催され、NGOからは約30名が参加しました。

最初に外務省の地球規模課題審議官組織の南博参事官より、これまでのポストMDGsに関するコンタクト・グループ会合やハイレベル・パネル会合の動き、今後のプロセスの報告を頂きました。その後、NGO側から権利べース・アプローチの主軸化、コンタクト・グループ暫定議長ノート、不平等への取り組み、教育分野の開発目標、アフリカにおけるIMFと世銀の援助政策、当事者の声の反映といった点について提起や質問を行い、南参事官を中心に外務省側のコメントを頂きました。

日本の市民社会として、引き続きこうした意見交換の場の設定と共に、今後はより幅広く国内の市民社会の声を取りまとめていくこと、そして国際的な市民社会との連携を強化していくことが求められます。


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。