スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【団体賛同募集など】「ポスト2015年開発枠組みに向けた5か条の提言」

2013.6.16

5月にブログで発表した「ポスト2015年開発枠組みに向けた5か条の提言」ですが、おかげさまでいろいろな方面の方々からご支持をいただいています。(5月のブログはこちら

本日はこの提言について3つお知らせがあります。

1.文言の一部修正について
提言の言葉に関して2点ご指摘をいただきました。以下にその内容と修正箇所をお知らせします。

ご指摘:“災害、紛争、経済危機、環境影響などの「ショック」に対する、コミュニティのレジリエンス「レジリエンス(「強靭性」)」”とあるが、「強靱性」よりも「回復力」の方が適切ではないか?
変更後:レジリエンス(「回復力」「強靭性」)
 →ショックに対する備えと受けた後の状態についても包含するresilienceですが、その訳語としては、回復力、復元力、弾力性、抵抗力、強靱性などが使われています。しかしどの言葉も、resilienceが持っている2つの意味を言い表しているものではなく、ほかにも適当な言葉がないため、ショックに対してそれを和らげ生き延びていくしなやか(柔軟)な強さという意味も含まれた「強靱性」と、ショック後に元の状態に戻るための力である「回復力」の2つの言葉を付記することにしました。

ご指摘:「我が国政府が~」の「我が国」という言葉はお役所的で、市民社会からの文書では違和感がある。
変更後:日本政府が~

5月のブログにアップしてあるファイルは、すでに変更後のものに差し替えてあります。
http://gcapj.blog56.fc2.com/blog-entry-265.html

2.英語版
5か条の提言の英語版ができました。5月のブログに日本語版とともにアップしてありますので、ぜひご活用ください。
http://gcapj.blog56.fc2.com/blog-entry-265.html

3.団体賛同の募集
いろいろな方からご支持をいただいているこの5か条の提言ですが、ご要望もいただいたため、賛同を募って日本政府に対するアドボカシーに活用したいと思います。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

賛同いただける団体は、以下のフォームからお申し込みください。
●団体賛同申し込みフォーム●

締め切りは、2013年8月20日(火)です。

団体名とメッセージは、ウェブサイトに掲載させていただくとともに、より良いポスト2015開発枠組み策定を求める市民社会の声として日本政府に届けます。

ぜひご賛同をよろしくお願いいたします。




【ボランティア募集】STAND UP TAKE ACTION 2013 ボランティア説明会開催のお知らせ

2013.6.14
説明会について補足 2013.8.13


こちらの説明会は終了しましたが、8月は「動く→動かす」事務所にて説明会を行います。ご希望の方はこちらのブログをご覧ください。

STAND UP TAKE ACTION(スタンド・アップ)は、参加者が貧困解決を求める意志を示すために「立ち上がり」(STAND UP)、身近なところから行動する(TAKE ACTION)ことを呼びかけるアクションです。学校、オフィス、公園、町中など、立ち上がる場所は問いません。立ち上がった様子を写真に収めウェブサイト上で集めて1 つの「声」をつくります。日本では、その人々の想いを「動く→動かす」が日本の政府や国会議員などに届けます。2009 年には世界各地で計1億7304 万5325 人(日本では3 万3497 人)が立ち上がりギネス記録を打ち立てました。2012 年は日本全国から1110 件の報告があり、2 万6563 人が立ち上がりました。

2013年のスタンド・アップは、9月14日~10月20日までが実施期間となっています。それに向けてキャンペーンの準備と後方支援を手伝っていただけるボランティアの方々を募集します。事務的な作業からイベントの企画、当日の出展ブースのデコレーション制作など、キャンペーンの実施には欠かせない作業ですので、ぜひお手伝いをお願いします。ボランティア未経験の方もお気軽にお申し込みください。

【主な活動内容】
・インターネットに関するお手伝い
(Facebook、ツイッター、ブログでの情報発信、ウェブサイトの更新やデザイン変更など)
・事務作業的なお手伝い
(チラシ&ポスターの発送、データ入力、リサーチ、広報など)
・主催イベントの企画と実施
(イベントの内容の検討、広報、資料作成、当日の会場設営、誘導、受付、撮影など)
・出展イベントの準備から当日運営
(ブース装飾デザインの検討、装飾物の制作、資料作成、当日のブース設営と撤収、活動説明、撮影など)

【対象】
・7~10月にかけてボランティアに参加できる方
・PCのメールアドレスを持ち、E-mailで迅速な連絡がとれる方
・他のボランティアとも協力しながら作業を進めていける方
・国際協力に関心をもち、スタンド・アップの趣旨に賛同する方


【活動場所】
・主に「動く→動かす」事務局(東京・御徒町)。また、当ネットワークに加盟するNGOの事務所(東京都内)の場合もあり。
・イベントの場合、会場は主に東京、神奈川。

【活動時間】
・平日の夜や土曜日を中心に、業務内容・活動時間に応じて都合のつく時間帯にご参加いただけます。
・ご希望の方には、平日昼間のボランティア作業もあります。
・日曜日や祝日に開催されるイベントもぜひお手伝いください。

【募集人員】
・20名

【ボランティア説明会】
・ボランティアを希望する方は、以下の説明会にご参加ください。
・日程:6月26日(水)19:00-20:30
・会場:新宿区大久保地域センター 3階会議室A

JR山手線 「新大久保」駅から徒歩8分
JR総武線 「大久保」駅から徒歩13分
東京メトロ副都心線「東新宿」駅から徒歩6分
都営大江戸線 「東新宿」駅から徒歩7分

*この日に参加が難しい方は、別途対応しますのでご相談ください。

【参加方法】
お申込みフォームにアクセスして必要事項をご記入の上、「送信」をクリックしてください。

IMG_1624-400.jpg

◆お問い合わせ◆
「動く→動かす」事務局 担当:諸(もろ)
〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 気付
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903
office@ugokuugokasu.jp
http://www.ugokuugokasu.jp


【イベント出展報告】MDGsフェスタ@横浜赤レンガ倉庫

2013.6.11

6月2日(日)横浜赤レンガ倉庫にて、「MDGsフェスタ ~世界と結んだ8つの約束~」が開催されました!!

これは、MDGsをより多くの人に知ってもらうためのイベントで、特に子どもたちが興味を持って「国際貢献」にかかわっていくようになるよう、ワークショップからダンボール迷路やアフリカクイズラリーまで、体験型コンテンツを中心にして行われたにぎやかな啓発イベントです。

「動く→動かす」もブースを出展し、MDGsの目標1「とてつもない貧困と飢えをなくそう」についてのワークショップ行いました。

この主に小学生くらいの子どもたちを対象としたワークショップでは、まずいろいろな食べ物の絵が描いてあるカードの中から、普段自分が1日に食べるものを選んでもらいます。そして次にケニアの貧しい家庭の小学生の食事がどのくらいになるのかを考えてカードを選んでもらいました。その後、答えあわせをして、その小学生の食事が日本での自分たちの食事と比べてどれだけ少ないか、栄養が偏っているのかを見てもらうことで、貧困の中で生活する子どもたちの大変さを少しでも実感してもらえるように工夫しました。そして最後に、世界にはいまだに多くの貧困に苦しむ人々がいるため、私たちも出来ることから行動し、支援していかなければいけないという話をしました。
boyscout.jpg
「動く→動かす」のブースでボーイスカウトの子どもたちにワークショップの説明をするスタッフ


GirlScouts_1.jpg
「動く→動かす」のブースでワークショップに集まるガールスカウトの子どもたち

また、ステージではダンスチームによる迫力あるパフォーマンスが行われていました。小学生や中学生とは思えないハイレベルなダンスで、とても盛り上がっていました!それぞれの衣装には、このイベントのために用意された、MDGsのロゴ入りの凝ったデザインの物もありました。
IMGP0501.jpg

今回のワークショップは、幼稚園~高校生までの若者が参加しましたが、小さい子だと説明が難しくてまだ理解できない子もいました。でも雰囲気を楽しむことで、これからもこのようなイベントに気軽に参加してもらえるようになったらいいと思います。

イベント最後には、ガールスカウトの子どもたちに手伝ってもらい、横浜&TICADスペシャルバージョンの宣誓文を読み上げ、スタンド・アップを行いました。
GirlScouts_2.jpg



STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。