スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAND UP CAFE 目標4 - 子どもの死亡率を下げよう

貧困をなくすために“立ち上がる”世界同時開催アクション「STAND UP TAKE ACTION」の一環として、ミレニアム開発目標(MDGs)や世界の貧困の現状、そして問題解決に取り組むNGOの取り組みを紹介する「STAND UP CAFE(スタンド・アップ カフェ)」。8月27日(金)に第6回目のイベントを、東京・高田馬場のジャパングレイスにて開催しました。
今回のテーマは、MDGsの目標4「子どもの死亡率を下げよう」。講師は、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)のアドボカシー担当、谷村美能里氏です。
「現在、一年間で880万人の子どもたちが、5歳の誕生日を迎えることなく命を落としています。主な原因は、出生前後の要因や肺炎、下痢、マラリアなどです。しかしこれらの原因は、安全な水や衛生的な環境、基礎的な保健医療サービスの提供、栄養不良の改善などが行なえれば、全て防げるものです」。

中でも栄養不良は、子どもの死亡の35%にも関係しているのだとか。栄養不良によって免疫力が低下して病気にかかった子どもは、栄養素の消化吸収機能が低くなり、さらに深刻な栄養不良状態に陥るという悪循環が生まれるためです。また、幼い頃に栄養が不足すると脳の発達が妨げられるため、命は失われなくとも子どもたちは将来に重荷を背負うことになってしまう側面もあります。

それでは、どうすれば子どもたちの命を救うことができるのでしょうか。大切なことは、家庭や地域が取り組むべきことと、政府が果たすべき役割の双方を強化することです。

家庭や地域で重要なことは、きちんとした対策を取ることです。例えば、マラリア予防の蚊帳の使用や脱水症状の治療、予防接種や専門家の介助による出産などの、シンプルな対策をするだけでも、命の危険にさらされる子どもたちの3人に2人までも救うことができるそうです。WVJでは、これらの対策を実施するために、貧困が厳しい途上国の地域に住む子どもたちを地域単位で継続的に支援。教育、保健衛生、水資源開発、経済開発、農業などの支援を行なうことで、子どもたちの生活に変化を生み出しています。

政府が果たすべき役割を強化するための取り組みの1つが、「Child Health Now-アクション!救えるはずの命のために」です。世界各国のワールド・ビジョンが連携して2009年11月から取り組んでいるこのキャンペーンの目的は、政府開発援助(ODA)政策が子どもたちの命を守ることを優先するよう変化をもたらすこと。これまでにもシンポジウムやG8サミットに向けた署名キャンペーンなどを行い、一人ひとりが起こす行動(アクション)を2015年までに100万件集めることを目標に現在もキャンペーンを続けているそうです。

「5歳未満で亡くなる子どもの数を2015年までに1990年と比べて3分の1に削減する」ことがMDGsの目標4に掲げられて、10年が経過しました。しかし、達成状況は40%とまだまだ道のりは遠い状況があります。「もし、ジャンボジェット機が毎日どこかで墜落していたとしたら、きっと大きなニュースになるでしょう。1日に失われる子どもたちの命は、ジャンボジェット機が墜落しているのとほぼ同じ数。このような事実が日本の人たちになかなか伝わらない現状を変えることがまずは必要だと思います」。谷村さんは、関心を高めることの重要性を強調しました。

私たちには何ができるのでしょうか。「声をあげ、行動すること。STAND UP TAKE ACTIONに参加することも、一つのきっかけになるでしょう。そして、関心を持ち続けること、継続した支援を行っていくことが大切です」と谷村さん。まずは、私たちが世界に目を向けること。そして、知った上で関心を持ち続け、根気強く活動を続けることが、MDGsの達成につながるのだと改めて感じました。


関連記事


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。