スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【団体賛同募集など】「ポスト2015年開発枠組みに向けた5か条の提言」

2013.6.16

5月にブログで発表した「ポスト2015年開発枠組みに向けた5か条の提言」ですが、おかげさまでいろいろな方面の方々からご支持をいただいています。(5月のブログはこちら

本日はこの提言について3つお知らせがあります。

1.文言の一部修正について
提言の言葉に関して2点ご指摘をいただきました。以下にその内容と修正箇所をお知らせします。

ご指摘:“災害、紛争、経済危機、環境影響などの「ショック」に対する、コミュニティのレジリエンス「レジリエンス(「強靭性」)」”とあるが、「強靱性」よりも「回復力」の方が適切ではないか?
変更後:レジリエンス(「回復力」「強靭性」)
 →ショックに対する備えと受けた後の状態についても包含するresilienceですが、その訳語としては、回復力、復元力、弾力性、抵抗力、強靱性などが使われています。しかしどの言葉も、resilienceが持っている2つの意味を言い表しているものではなく、ほかにも適当な言葉がないため、ショックに対してそれを和らげ生き延びていくしなやか(柔軟)な強さという意味も含まれた「強靱性」と、ショック後に元の状態に戻るための力である「回復力」の2つの言葉を付記することにしました。

ご指摘:「我が国政府が~」の「我が国」という言葉はお役所的で、市民社会からの文書では違和感がある。
変更後:日本政府が~

5月のブログにアップしてあるファイルは、すでに変更後のものに差し替えてあります。
http://gcapj.blog56.fc2.com/blog-entry-265.html

2.英語版
5か条の提言の英語版ができました。5月のブログに日本語版とともにアップしてありますので、ぜひご活用ください。
http://gcapj.blog56.fc2.com/blog-entry-265.html

3.団体賛同の募集
いろいろな方からご支持をいただいているこの5か条の提言ですが、ご要望もいただいたため、賛同を募って日本政府に対するアドボカシーに活用したいと思います。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

賛同いただける団体は、以下のフォームからお申し込みください。
●団体賛同申し込みフォーム●

締め切りは、2013年8月20日(火)です。

団体名とメッセージは、ウェブサイトに掲載させていただくとともに、より良いポスト2015開発枠組み策定を求める市民社会の声として日本政府に届けます。

ぜひご賛同をよろしくお願いいたします。




関連記事


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。