スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プレスリリース】「ポスト2015開発枠組みに関する5か条の提言」を阿部俊子・外務大臣政務官に手渡し=国連「ミレニアム開発目標」特別イベントに向けて外務省・NGOの意見交換会開催=

2013.9.24


【プレスリリース】

「ポスト2015開発枠組みに関する5か条の提言」を阿部俊子・外務大臣政務官に手渡し

=国連「ミレニアム開発目標」特別イベントに向けて外務省・NGOの意見交換会開催=

2013年9月18日水曜日、「動く→動かす」をはじめ、国際協力、障害分野、環境分野などに取り組むNGOネットワーク等から17名が外務省を訪問し、阿部俊子・外務大臣政務官とMDGs、ポストMDGsに関する意見交換会を開催しました。

「動く→動かす」は、そこで『5か条の提言』と賛同団体のリストを、阿部政務官に直接お渡ししました。この17名は、GCAP Japan を中心とする開発援助、障害、環境、防災、保健などに関する活動をしているNGOネットワークなどから参加し、短い時間の中で、それぞれからポストMDGsに対する提言も阿部政務官に伝えることができました。(写真をご覧ください)

阿部政務官からは、この『5か条の提言』に対し、3点に分けてコメントをいただきました。まず1点めは、仙台防災会議への市民社会、特に障害者団体の参加についてです。2015年に開催される当会議に市民を代表して参加し、積極的な発言をすることを求められました。また、所得の再分配による衡平性の確保についての問題にも言及されていました。政務官自身も再分配制度の重要性は認識しておられ、保健分野のUHCを例に出して、再分配の具体策を打ち出していきたいとおっしゃっていました。3点目は、人材育成のための市民社会と大学の連携です。将来、開発業界で活躍する人材を育成するためには大学機関との連携が必須となっており、その連携のための市民社会の協力を求めておりました。阿部政務官自身も、人材育成のために米国の大学と連携をしており、積極的に活動しているということです。

私たちとしては、これらの阿部政務官から積極的な発言があったことを歓迎しています。ポストMDGsに向けたアドボカシー活動に、より一層力を入れていきたいと思ってます。MDGsの達成期限である2015年が迫ってきています。今年9月下旬には、ニューヨークで国連総会も行われ、ポストMDGsに関する議論もより活発になることが予想されます。これからも、政府への働きかけを積極的に行い、よりよい新枠組み形成のために努力してまいります。

本件プレス・リリースへのお問い合わせ
東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F西(特活)アフリカ日本協議会内 「動く→動かす」(担当:稲場)
電話:03-3834-6902, FAX:03-3834-6903
メール:office@ugokuugokasu.jp

本プレスリリースのPDFファイル

「ポスト2015年開発枠組みに向けた5か条の提言」と賛同団体リスト

DrAbe.jpg Meeting.jpg
阿部俊子・外務大臣政務官(右)と当会代表の津山直子
Dr. Abe (right) and Ms. Naoko Tsuyama (President of GCAP Japan)


Press Release

GCAP Japan submitted its policy recommendation to Foreign Vice Minister for UN MDGs Special Event

September 18, 2013 JAPAN, Tokyo- Ugoku/Ugokasu (GCAP Japan), Japan's civil society network against global poverty, handed in its "5 Key Policy Recommendation for the Post-2015 Development Agenda" to Dr. Toshiko Abe, Parliamentarian Vice Minister of Foreign Affairs Japan on Wednesday. Ms. Naoko Tsuyama, the president of GCAP Japan submitted the paper to Dr. Abe in her meeting with the 17 civil society representatives and academics working on disability, environment and international development for the UN MDGs Special Event, which will be held in New York on September 25.

The Recommendations was composed through national consultation organized by GCAP Japan from last February to May, that was a series of meetings with local civil society organizations, religious organizations, trade unions and private sectors on Post 2015 Development Agenda. 67 organizations from various social sectors, including Scout Association in Japan, Girl Scout in Japan and World Conference of Religions and Peace Japan Committee (WCRP-JC), signed the Recommendations. It urges Japanese government and other global powers to set goals to eradicate extreme poverty and hunger, realize the world without disparity and inequality, pass on more sustainable "a better world" to future generations, etc.

Dr. Abe replied the representatives of Japanese civil society by raising the following 3 points; first, she requested representatives of Japanese people with disability to attend the World Conference on Disaster Reduction, which will be held in Japan in 2015, and raise voices representing people with disability. Secondly, she emphasized the importance of the redistribution of wealth through social protection and welfare. Picking up Universal Health Coverage as an example of redistribution in the health issues, she said that finding concrete measures of redistribution was an urgent issue. The third point she mentioned was the human resource development. She asked representatives of civil society to collaborate with universities to develop human resources for international development.

The representatives of Japanese civil society, including GCAP Japan commended Dr. Abe's comments as her positive reseponses for the efforts of policy recommendation from civi society. The representatives of civil society expressed their will to work with the government for the UN MDGs Special Event.

Any queries for the press release, please contact
Ugoku/Ugokasu (GCAP Japan)
Address: 3rd Floor West, Maruko Bldg, 1-20-6 Higashi-Ueno, Taito-Ku Tokyo 110-0015 JAPAN
Phone: +81-3-3834-6902, Fax: +81-3-3834-6903
E-mail: office@ugokuugokasu.jp

Click to download the PDF file of this release

5 Key Recommendations for the Post-2015 Development Agenda
関連記事


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。