スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベント報告】ポストMDGsナイト・カフェ~ネット社会運動の可能性を考えよう!~

2013.9.26

9月5日(木)夜、ホワイト&ケース法律事務所のご厚意で丸の内トラストタワーの会議室をお借りして、「動く→動かす」主催のシンポジウム「ポストMDGsナイト・カフェ~ネット社会運動の可能性を考えよう!~」を開催しました。

今回のナイト・カフェは、署名プラットフォームで有名なChange.orgからハリス鈴木絵美さんをお招きし、市民の声を広める方法として注目を集めている「ネット社会運動」をテーマにお話しいただきました。「ミレニアム開発目標」(MDGs)が終わる2015年末以降の開発課題の在り方を考える「ポストMDGs」において、より良い開発のための世界的枠組みを作るためにも、様々な方向から世界の課題を考える必要がある為です。

まず鈴木さんに、彼女が日本支部のキャンペーン・ディレクターとして活躍されている社会変革のための署名プラットフォーム“Change.org”についての説明と、日本におけるネット社会運動の現状と可能性についてお話を伺いました。主な内容としては、日本発の社会運動の傾向と社会の反応、ネット社会運動のトレンド、成功事例や失敗事例に関するお話でした。

次に、参加者が5~6人ずつにグループに分かれ、鈴木さんのお話をもとにディスカッションを行いました。各グループとも非常に盛り上がり、予定していた時間をオーバーしてしまうほどでした。

最後は、ディスカッションで出た各グループの意見を全体で共有し、鈴木さんとの質疑応答で終わりました。

最後まで、参加者の方々は積極的に参加しようという姿勢がとても印象的でした。

Change.orgさんのウェブサイトを見ると今日聞いた話がストンと胸に落ちる一節を発見しました。「ごくごく普通の人でも、人と人との繋がりを通して、何百人、何千人もの賛同者とつながることができる。そして問題が解決できる相手に、直接その思いをとどけることができる。」その言葉通り、「ネット社会運動」は現代ではとても重要なものだと感じました。そしてこの考え方は、「動く→動かす」やMDGsに相通じるものがあると思います。改めて、一人一人の力を合わせることの大切さを学んだ一日でした。
(インターン 浅倉)

naitokafe.jpg
関連記事


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。