スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベント案内】第7回ポストMDGsナイト・カフェ「ジェンダーの視点に配慮したアドボカシー活動―出産・育児と両立させる働き方、組織運営の在り方を考える―」

2013.11.14


本日は第7回の『聞いて、話して、考える―ポストMDGsナイト・カフェ』のご案内です。

今回は特別企画として、主にアドボカシー活動にかかわるNGOスタッフの方々を対象とした企画「ジェンダーの視点に配慮したアドボカシー活動―出産・育児と両立させる働き方、組織運営の在り方を考える―」を行います。

主にNGOスタッフ対象とはいえ、働き方や業務の進め方などNGO以外で働く方にも参考にしていただける内容ですので、ぜひご参加ください。

PDFチラシダウンロード

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-
「動く→動かす」特別企画 【要参加申込】
『聞いて、話して、考える―ポストMDGsナイト・カフェ』第7回 

 ◆ジェンダーの視点に配慮したアドボカシー活動◆
―出産・育児と両立させる働き方、組織運営の在り方を考える―
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-

NGOのアドボカシー担当者には育児まっさかりの女性も多く、提言内容にジェンダーの主流化が欠かせなくなっているなかで、アドボカシー実務を担う女性の活躍は今後、ますます重要になっています。

一方で、女性のアドボカシー実務者に求められる、諸会議への参加や、諸業務への対応のスピード化、海外対応(出張含む)は、物理的にも厳しい状況です。ネットワーク活動として、できるだけ、こうした人々に配慮する運営体制が必要であり、こうしたことへの対応は、実は、育児中の女性への対応だけでなく、「動く→動かす」に関わる一人ひとりのメンバーが持続的に活動できる環境づくりにも通じます。個人(特に出産・育児に関わる女性)のライフスタイルや能力に合わせた、NPOの組織運営を学び、より持続的なアドボカシーネットワークの運営に、何が必要かを考える機会にします。

■日時:11月29日(金)11:30~13:30 (11:15~ 受付開始)
■場所:ハンガー・フリー・ワールド事務所  地図
    (東京都千代田区飯田橋4-8-13山商ビル8階)

■参加費:500円(軽食、飲み物をご用意しています)
■対象:アドボカシー活動に関わるNGO職員の方
■定員:20名
■お申込み:ウェブサイトのフォームからお申込みください。

■講師:太田智子さん(NPO法人マドレボニータ)

※生後210日以内(2013年5月3日以降生まれ)の赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。 生後211日以降(2013年5月2日以前生まれ)の赤ちゃんは、信頼できる方にお預けのうえ、単身でご参加ください。

【講師プロフィール】
NPO法人マドレボニータ
ファンドレイジング/マドレストア担当 太田智子さん
1975年12月1日生まれ。東京都八王子市出身、慶應義塾大学文学部卒(社会学専攻)。総合印刷会社で企画スタッフ7年、自分探しで雑貨ビジネスのスクールに通った結果、偶然知ったキャリア論にはまって人材業界へ転職。人材紹介会社でキャリアアドバイザーや企画スタッフを4年半経験。妊娠し、当然産休・育休取得できるものと思いきや、願い叶わず退職。失意の中ラジオでマドレボニータを知り、何かを変えるきっかけになるとピンと来て入会。

2009年12月に女児を出産し、産後のボディケア&フィットネス教室2クール、2010年度NECワーキングマザーサロンサポーターを経て、2011年4月から事務局スタッフへ。地元西東京をこよなく愛し、市内在住のマドレボニータ会員と「マドレボニータ西東京チーム」を結成、活動中。FM西東京「まちともプラス」では月2回パーソナリティとしてゲストインタビューを担当している。

夫との共通の趣味は雑貨の学校で開眼したカメラ。年1回仲間と写真展を開催。好きな色は紫。好きなお酒はシングルモルト。
ブログ:mokoscope

特定非営利活動(NPO)法人マドレボニータ
マドレボニータとはスペイン語で"美しい母"の意。「美しい母がふえれば、世界はもっとよくなる」をキャッチフレーズに、産前・産後ヘルスケアプログラムも開発・研究・普及に尽力しています。

【主催・お問い合わせ】
「動く→動かす」事務局(担当:稲場)
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3階
Email:office@ugokuugokasu.jp
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903


MadreUgoku.jpg

関連記事


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。