スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プレスリリース】国連制定の国際開発目標“MDGs”達成に残された日数があと500日に~国際協力NGOネットワーク「動く→動かす」の戦略とルー大柴氏からのメッセージ

2014.8.19

プレスリリースのPDFファイル

国連が2000年に定めた貧困問題解決のための国際開発目標「ミレニアム開発目標(MDGs)」。本日、その達成までの日数が、残り500日となりました。MDGsには、貧困、教育、保健など8つの分野で具体的な目標が定められ、国連や国際機関、世界各国政府、NGO、市民、企業などが2015年末までの達成を目指して取り組んできました。

先月発表されたばかりの国連の報告書「The Millennium Development Goals Report 2014」によれば、途上国で極度の貧困状態に暮らす人の割合は1990年の47%から2010年には22%に半減し、衛生的な水を確保するための改良水源を利用できない人々の割合は1990年の24%から2012年には11%に減少しており、すでに目標を達成している項目や達成見込みとされる項目もあります。

id000359.jpg
Photo: Hunger Free World Burkina Faso


しかし現状では、すべての目標を達成することはほぼ不可能と見られ、進捗も国や地域、目標によってまちまちです。例えば飢餓に苦しむ人々の割合を半減させる目標は、達成率約82%、5歳未満児の死亡率を3分の2削減する目標は達成率62%で、達成見込みは厳しい状況です。

2009年から貧困のない世界に向けてMDGs達成を目指して活動してきた国際協力NGOネットワーク「動く→動かす」(日本のNGO 73団体が加盟、東京都台東区)では、残り時間が限られ厳しい達成見通しの中、貧困問題解決が先送りにならないよう、日本政府などへの政策提言と働きかけを続け、貧困問題解決を求める一般の人々の声を集めて日本政府に届ける活動も引き続き実施していきます。また、現在政府間で調整が進むMDGs後の新しい開発目標「ポスト2015年開発目標」をより良いものにするための取り組みも継続していきます。

今後はまず、8月24日に東京都江東区の日本科学未来館において、一般向けのシンポジウム「トイレから始めるより良い世界-MDGs達成期限まで500日で何ができるのか」を開催します。そして9月13日(土)~10月19日(日)は、世界では2006年から行われ、来年MDGs達成年を迎えるため今年が最後となるキャンペーン活動「STAND UP TAKE ACTION(スタンド・アップ)」を実施します。また、MDGs後をにらんでグローバルに行われる活動の前哨戦として、アジア地域で行われるiMOVE(アイ・ムーブ)キャンペーンにも協力していきます。


【さまざまな途上国の現場を自らの足で歩き目で見てきたルー大柴氏 からのメッセージ】

「これまでいろいろな途上国をルックしてきました。どのカントリーも経済的にも衛生的にも、メニーのプロブレムを抱えています。バイマイセルフで見聞し、ジャパンの素晴らしさを改めて知ったナウ。リトルビットですが、そういったカントリーに『ハッピーを届けられたら』とシンクしています」

ルー大柴宣材up用




関連記事


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。