スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベント案内】「グローバル連帯税が世界を変える!」-環境危機、貧困・格差、カジノ経済への処方箋- (第2次寺島委員会設立記念シンポジウム)

2014.9.16

「動く→動かす」が後援している国際連帯税フォーラム主催シンポジウムのご案内です。

今秋寺島実郎さん(日本総合研究所理事長、多摩大学学長)を座長に、国際連帯税を総合的に検討する委員会が発足します。委員会は、金融・税制の専門家、研究者、NGO、国会議員等で構成されます。これを記念し、来る10月12日金融取引税などを含みつつ国際連帯税(グローバル連帯税)の意義と展望を共有する場としてシンポジウムを開催します。ご参加をお待ちしています。

近年、経済のグローバル化が進展するなか、世界的な貧困や格差の拡大、エボラ出血熱などの感染症の流行、気候変動による異常気象と温暖化の進行等々、という地球規模課題が山積しています。また、2008年リーマンショックにみられたように、カジノ化した金融資本主義が、金融不安と経済危機をもたらしています。このようなグローバル化による負の影響に対して「課税」という方法を用いて抑制するとともに、その税収を上記のような地球規模課題対策への資金とする国際連帯税の議論が国際社会で活発化してきています。

一方、我が国においても2008年に超党派の「国際連帯税創設を求める議員連盟」(以下、議連)が創設され、今日まで国際連帯税フォーラムなどの市民社会グループとともに、日本において国際連帯税実現のために活動してきました。今回議連から「日本での国際連帯税導入に向けた、総合的見地からの検討を行う委員会」の設置要請があり、寺島実郎・日本総合研究所理事長を座長に「第2次寺島委員会」を発足させることになりました。

「第2次」というのは、2009年に当時の議連から「日本での国際連帯税の制度設計、とりわけ通貨取引税についての検討委員会」の設置要請があり、寺島氏を座長に国際連帯税推進協議会(通称、寺島委員会)を発足させたという経緯があり、その委員会を「第1次」と数えるからです。

さて、今日ふたたび議連からの要請に応え、第2次寺島委員会を11月から発足させますが、何よりも国際連帯税に関する情報を知り、かつ広く共有化するための場としてシンポジウムを開催することになりました。寺島座長の基調講演、そして各分野のトップで活躍されている研究者、NGOの方々によるパネル討論を行います。最新情報が満載です。ぜひご参加ください。

【イベント詳細】
日時:2014年10月12日(日)13:30-16:45 開場は13時
会場:青山学院大学 9号館22号室(東京メトロ「表参道駅」より徒歩5分)
参加費:500円
定員:100人

【ゲスト】
衛藤征士郎 氏(国際連帯税創設を求める議員連盟会長、衆議院議員)【要請中】
寺島実郎 氏(日本総合研究所理事長、多摩大学学長)
上村雄彦 氏(横浜市立大学教授)
小西雅子 氏(WWFジャパン 気候変動オフィサー)
稲場雅紀 氏(「動く→動かす」事務局長)

申し込みと詳細は国際連帯税フォーラムのウェブサイトをご覧ください。
http://isl-forum.jp/archives/740

【主催・後援】
主催:国際連帯税フォーラム
後援:国際連帯税創設を求める議員連盟・動く→動かす(GCAP Japan)・WWFジャパン【要請中】 ほか(後援団体募集中)

【お問い合わせ】
国際連帯税フォーラム(FISL)事務局
〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3F
オルタモンド気付
電話:03-3831-4993  FAX:03-3834-2406
http://isl-forum.jp/
関連記事


STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。